本文へスキップ

キャンパーハウスはキャンピングカーの高価買い取り、高額査定をおこなう全国対応の中古車キャンパー買い取り専門店です。無料で全国どこでも出張査定買取いたします、

全国対応 キャンピングカー
買取専門店 050-5309-2006
 MENU

  キャンピングカーの買取屋は見た!


市原悦子さんの「家政婦は見た」、ではありません。「買取屋は見た!」です。キャンピングカーの買取専門店ならではの角度で、「キャンピングカーを見たこと」を連載してまいります。

製造メーカーでもなく、キャンピングカー販売店でもなく、実はキャンピングカーの買取専門店がみるキャンピングカーの世界は、一種独特の世界観があるのです。それは、一つのメーカーにこだわらないあらゆる車、ビルダーをみれること、大切にのられた車、飽きた車、乗らなくなった車、経年変化した車の状態、買取業は様々なキャンピングカーを見れる立場なのです。

2018年 8月 高速道路での横転死亡事故、高速道路でも火災が立て続けに起こっています。キャンピングカーは必ず知識のある専門店で購入してください。購入時にはタイヤ交換、FFヒータなどのオーバーホール、燃料フィルター交換、燃料ラインの点検を必ずしていただいて購入してください。

  キャンピングカー キャンパーハウス

さまざまなメーカー特性やアフターサービスの状況、買取した車を修理してもう一度市場に送り出すための修理特性など、あらゆる車をあらゆる角度から見ることができる、知ることができるのが、キャンピングカーの買取専門業者なのです。

そして、見るだけでなく、売られるときのお客様のお声も聞くことができる。それはいいこと、悪いこと、あらゆるメーカー特性です。キャンピングカーの買取屋はあらゆることをみること、知ることができる特異な職業でもあるのです。40年前に名古屋陸運局で、個人で初めてトヨタコースター29人乗り、マイクロバスクラスの88ナンバー改造申請を通し、内部の改造もおこなっています。キャンピングカーの先駆者です。23年間の中古自動車古物商の経験からもお伝えしてまいります。

では、「家政婦は見た」ではなく、「買取屋はみた!。」連載してまいりましょう。


キャンピングカーの雄、ポップアップ型。普段は普通車、キャンプ時は大きく形を変える。そんなポップアップ型の欠点はテントが綺麗になかなか維持できない、汚したり、切れてしまうことです。当然、下取り価格に大きく影響します。今回はそんなテントを傷めない方法をアドバイスいたします。

キャンピングカーには見える部分、見えない部分があります。代表的な見えない部分は、屋根です。脚立がないと見えないですからね。見えるようでみえない屋根。しかし、屋根をみればキャンピングメーカーの製造姿勢がすべてわかるといってもよいぐらいの場所なのです。

   キャンピングカー トイファクトリー
 
ガソリン車かディーゼルが良いのか。駆動方式やリセールは切り離して、どっちがお薦めか、はっきりお伝えしています。狭い国日本、マナーにこうるさい日本ゆえのアドバイスです。

中古車を買われる人は何を気にされるのか。距離、年式、どんな人が乗っていたか、さてさて、買取屋がそれをお伝えしましょう。それがわかれば、よい車が買え、よい車として売れます。

キャンピングカーメーカーの新車紹介はいっさいおこなわないのがキャンパーハウス。それは当然です。中古車の販売すら軸足を置かない、買取専門店ですから。ですから、買取屋だからこそ、本音でどこのメーカーを買えばよいのかズバリお答えいたします。


   キャンパーハウス  


現在は、個人間取引でさまざまなトラブルをお聞きします。現実そういった車両を買取しています。自動車にはノークレームという言葉は、プロの世界には一切ありません。それを素人の方々が、恐ろしいノークレームで取引をしているのが現在です。


委託販売のトラブルをよくお聞きします。さてどんなトラブルなのか。買取屋は見た! 委託販売のメリット、デメリットです。

ハイエースやNV350 などで、実作キャンパーをつくってしまえばよいと思います。メーカー製造の車を違法に改造するのではなく、自分で作ってしまえばよいと思います。売るときも意外に有利です。

キャンピングカーのエアコンはすぐに直しましょう。そして高額であってもきちんとした専門の電装店で直すことです。それが繊細なエアコンです。


キャンピングカーの足回りは固めることはお勧めしません。固めれば揺れがなくなり、安定した錯覚にとらわれます。錯覚ではなく事実、安定走行ができることからスピードアップし、事故につながることにもなりかねません。ブレーキ補強も必要ですし、最大安定傾斜角度は変わらないことを自覚しておいていただきたいのです。

 
   ウェストファリア キャンピングカー キャンパーハウス   

キャンピングカーは高額な上乗せ販売が行われているのか、ズバリお答えしましょう。行われています。しかしそれにはさまざまな理由と、功罪があります。


FFヒーターは非常に人気です。燃料が節約でき、エコでもあり、冬季は快適な車内になるからです。しかし、そんなFFヒーターは最初からつけてください。後からつけることはお勧めしません。


輸入車は素敵です。しかし、買うべきか、避けるべきか、皆さんも悩む方も多いはず。特に国産車に何台も乗れば、一度は乗ってみたくなる方も多いはず。今回はそんな輸入車についてお伝えいたしましょう。


トラックキャンパーとは 今回はトラックキャンパーとは、どんなものか、選ぶ注意点、またメリット、デメリットを買取店の立場からお伝えいたします。辛口のキャンパーハウスがトラックキャンパーを語ります。


キャンピングカーは国の厳しい認可を得て、製作されるものではありません。これは絶対に間違わないようにしてください。この誤解が、横転事故や火災事故につながっていきます。


新車のキャンピングカーを購入したら、また、中古キャンピングカーを購入したら、必ずやってほしいこと、キャンピングカーの鉄則をお伝えします。

当店は、日本で唯一のキャンピングカー買取専門店です。多くのコラムを提供していますが、買取専門店だからこそどこのお店でキャンピングカーを購入すればよいか、コラムにしています。ぜひ参考にしてみてください。

キャンピングカーには、買ってはダメなキャンピングカーがあります。それは、担当者、会社、それと車そのものです。買取店ならではの話しです。


      


キャンピングカーにとって腐食は致命傷になります。腐食車両を買わないこと、買うならすぐに対処してほしいこと。また長く乗るなら腐食させないコツをアドバイス


キャンピングカーを売却するとき、どんな買取店でもオークション価格が基準になります。なってしまいます。その理由をお話しします。店頭で売るから高く買います、ではなく、最後の最後はオークションで売った時の利益を考えているからです。考えなければならないからです。その理由をお伝えします。



たま不足が続く中古キャンピングカーの業界では、事故車だけでなく、レンタカー履歴がある車も説明されずに売られている場合があります。今回はそんなレンタカー履歴の車のことをお伝えします。

               キャンピングカー 買取



レンタカーに続き、多走行のキャンピングカーについて連載します。カーセンサー、グーネットでも走行距離で車選びを行う方は多いはず。今回はキャンピングカーの多走行の車を買うべきか、避けるべきか、アドバイスいたしましょう。


キャンピングカーの火災事故が、ゴールデンウイーク、連休になると、必ずといっていいほど、高速道路で起きます。なぜでしょうか? 



キャンピングカーの横転や火災事故。その多くはタイヤのバーストから起きています。なぜ起きるか、起きやすい構造になっていると考えて下さい



キャンピングカーの買取で二重査定、減額行為はおこなわれているのか、おこなわれていないのか。その疑問にキャンパーハウスがお答えします。今回は普通は踏み込まない記事ですが、キャンパーハウスはそこをお伝えします




キャンピングカーに相場はあるのか。とんでもない記事です。おそらく、相場がないならどうやって買い取るんだー。そう思われると思います。



スタッドレスタイヤを夏利用することは、お得なのか? 実はお得どころが命に係わる危険な行為なのです。夏は夏、冬は冬タイヤ、そういった使い分けをすることが大切な乗り物、それがキャンピングカーです。



キャンピングカーのボディーコーティングはするべきなのか?大きな車だけに悩まれることでしょう。そのお悩みにキャンパーハウスが答えます。




コロナ禍のなか、レンタカー需要が大幅に増えています。それに伴って大きく伸びていることがあります。その伸びていることとは。







 キャンパーハウス 

 高額査定 高価 売却

AtoZ カトーモーター アネックス ナッツRV リンエイ  ファンルーチェ 
バンテック トイファクトリー ランドホーム インディアナRV 東和 
かーいんてりあ高橋ビークル EC アウトドア ミスティック  
キャンピングカー広島 フジキャンピング 




キャンパーハウス

 キャンパーハウス

 キャンパーハウス
 キャンピングカー 買取 査定